Blog&column
ブログ・コラム

雨漏りを放置していると起こりうる被害とは

query_builder 2022/03/21
コラム
14
雨漏りが生じた際は、早急に対処する必要があります。
なぜなら雨漏りをそのままにしていると、さまざまな二次被害につながってしまうからです。
この記事では、雨漏りを放置していると起こる二次被害についてお伝えいたします。

雨漏りを放置していると起こる二次被害とは
雨漏りを放置していると、以下のような二次被害を招く恐れがあるので早急に対処する必要があるでしょう。

■壁紙に雨染みができる
雨漏りによって、天井や壁に水跡やシミが残ってしまうことがあります。
壁紙に雨染みができると、簡単に消すことができません。

■建材が腐る
建物内部に雨水が侵入することで建材が腐食し、金属部分も錆びてしまいます。

■シロアリが発生する
シロアリは、湿気を含む木材を好む習性があります。
柱や建物内の木材をシロアリに食べられてしまうと、家の耐震性の低下につながるので注意が必要です。

■カビによる健康被害
雨漏りによって家の中の湿度が高くなると、カビが発生しやすくなります。
カビが発生すると、アトピー・喘息・アレルギー性鼻炎などの健康被害につながる恐れがあるでしょう。

雨漏りを早急に補修するメリット
雨漏りを長い間放置しているとさまざまな箇所に被害が広がり、結果的に修理費用が高くなってしまいます。
症状が軽症のうちに早急に補修工事を行うことで、修理費用を抑えることができるでしょう。

▼まとめ
雨漏りを放置すると、二次被害によって建物そのものの価値・寿命の低下につながってしまいます。
ですから、雨漏りを発見した際は、1日でも早く対処することが大切ですよ。
株式会社クオリティライフでは、水回りや壁紙などの内装工事や外壁工事を承っております。
雨漏り補修工事もお任せください。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE