Blog&column
ブログ・コラム

家の新築工事に要する期間はどのくらい?

query_builder 2022/05/08
コラム
22
家を新築する場合、工事に要する期間はどのくらいなのでしょうか。
今回は、家の新築工事の期間について見ていきましょう。

▼家の新築工事の期間を決める要素
家の新築工事の期間は、どのような要素を盛り込むかで変わってきます。

▼一般的な目安
新築で家を建てる際の期間は、およそ3カ月から6カ月が目安とされています。
大手住宅メーカーなら3カ月から4カ月程度で完成するとされていいるので、急ぐ場合は大手メーカーが適しているとみていいでしょう。

新築期間の工事を左右する要素
■大きさ
新築工事の期間が長くなる要素に、家の大きさが挙げられます。
大きな家を建てるとなれば、基礎はもちろん建物本体を作り上げるにも時間がかかりますよね。
規模の大きな家は「エクステリア」と呼ばれる家を取り巻く外構工事を伴うことが多く、これもまた工事期間が長くなる要素です。

■間取り
新築工事の期間が長くなる要素として、大きな家を挙げました。
大きな家は部屋数も多くなるため、間取りを作る工事に手間がかかります。
ただそれほど大きな家でなくても、こだわりの間取りを要望すれば工事期間は長くなるでしょう。
最近では「部屋の中にロフトを作ってほしい」という要望が増えていると言われます。
また広いリビングに3段ほどの階段を作って段差を設け、空間を区切るといった施工も人気です。
特殊な工事を必要とする間取りが多ければ多いほど、新築工事の期間が長くなるのも無理はありませんね。

■設備
設備の多さも、工事の期間が長くなる要素です。
多くの収納スペースを作ることですっきりとした印象に仕上がりますが、その分だけ手間がかかります。
また免震構造にするといった基礎部分にかかわる工事には、特殊な技術が必要です。
屋内の設備としては、床暖房やオール電化、太陽光発電システムの導入などが挙げられます。
導入する設備が多いと、設備の調達と作業に当たる人員のスケジュールを合わせねばなりません。
ロスタイムが発生すれば、工事に要する期間も長くなってしまうでしょう。

▼まとめ
新築工事の期間の目安とともに、工事の期間を左右する要素を見てきました。
細部にこだわるなら半年、早く仕上げたいなら3カ月をめどに考えておくとよいのではないでしょうか。
東京を拠点とする弊社では、職人による高品質の工事を手掛けております。
見積もりは無料でお出ししておりますので、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • おしゃれなウッドデッキにするには?

    query_builder 2022/05/15
  • 家の新築工事に要する期間はどのくらい?

    query_builder 2022/05/08
  • 新築工事の費用とそれに伴う諸費用について

    query_builder 2022/05/01
  • 新築工事の流れについて

    query_builder 2022/04/22

CATEGORY

ARCHIVE